専業主婦の子育て奮闘録

年少の息子アキとの毎日を書いています。時々旦那も。

☆コミュ症☆

ニコニコ大百科によると、

 

コミュ障(こみゅしょう)とは、コミュニケーション障害の略である。 実際に定義される障害としてのコミュニケーション障害とは大きく異なり、他人との他愛もない雑談が非常に苦痛であったり、とても苦手な人のことを指して言われる。

 

だそう。

 

おそらく、

いや、ほぼ確実に、

私はコミュ症ではないかと

最近、自分を疑っている。

 

いつからか、雑談が苦手で、誰かと2人きりとかになると、緊張感半端ない。

もう、苦痛で苦痛でたまらなくて、早く逃げ出したくなる。

苦痛なのに、雑談してみたいし、他の人が他愛ない雑談して楽しんでいるのを見ると、羨ましくてしかたない。

大事なところなので、もう一回書くけれど、

羨ましすぎて、羨ましくて、仕方ない。

 

 

幼稚園のお迎えに行ったときも、感じのいいお母さんたちと、楽しくお話ししてみたい気持ちは、本当にもうたくさんたくさんあるのに、

話しかけられても、うまく返せません。

すみません。

テンパって見当違いの返しをすることもしばしば。

しかも、生まれつき声が小さいから、なお、タチ悪い。

何言ってるか、聞こえねーよ。

 

38歳にもなって、このざま。

 

35歳まで普通に会社員してて、営業なんかもやってて、仕事モードになるとパリッと話せるのに、普段の私の脳みそは全くもって役に立たない。

誰かと2人きりになると、なんの話もでてこない。

あるはずの引き出しが開かない。

38年間作ってきたはずの脳みそのシワが、とたんに消えてなくなる。

それなのに、憧れて、必死こいて、コミュニケーションを取ろうとするから、必ず空回る。

毎度、空回っては後悔するのだ。

 

そして、今日も話し相手は3歳の息子と、旦那だけ。

 

 

…コミュ症直す薬、誰か作ってくれないかな。