読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦の子育て奮闘録

年少の息子アキとの毎日を書いています。時々旦那も。

【青山の初売り、女性店員が】

新年3日目。今日は朝から洋服の青山の初売りに行ってきました。旦那のベルトが買いたくてチラシを見ていたら、あったあった!青山のベルト福袋(≧∇≦)オーソドックスなベルトが3本で、2,000円。いえー。まだ在庫があるか不安だけど、絶対買わなきゃってことで、朝9時半に青山に到着。私たちが到着したときは、店の前にはまだ3人しかいなくて、余裕。ところが、10時の開店が近付くとあっという間に20人ほどの列に‼3日だし、青山だし、隣はイオンだし、ほぼ誰もいないんじゃないかとみくびってました、ごめんなさい、青山さん。


開店前に店員さんが、先着順5名、紳士スーツが80%OFFになるチケットを配り出したので、マジか?と思ってちゃっかり入手。開店と同時に、ベルトの福袋をゲット‼まだ4個くらい残ってた、よかったぁ。

f:id:meganenomusuko:20160103193812j:plain

f:id:meganenomusuko:20160103193910j:plain

ついでに、黒ソックス7足組、1,000円の福袋もゲットして、旦那とアキと紳士スーツのコーナーへ。




80%OFF券を持って、ワクワクしながら行くと、女性の店員さんがピタリと張り付いてきた。「スーツをお探しですかぁぁ?」

サイズを聞かれて、小さいサイズはあるか尋ねる。旦那は小さいので、SMLでいうとSサイズ。なかなか小さいサイズのもので気に入るのがなくて、いつも困ってる。

「Sサイズはこちらですねぇぇ」

と指差した場所は、広大なスーツの敷地の中の一区画。たった10着。うそーん。

仕方なしにその中からグレー2着と黒2着を選んで、いざ、試着。

旦那が1着目を試着し始めたあたりから、その女性店員が私にこんなことを言い出した。

「今なら2着目が半額になるんで、80%OFF券とあわせて使えばお得ですよ〜」

ん?今、まだ、1着も選んでないんですけど。そのセリフ早くない?

まずは、グレーのスーツを試着した旦那が出てきた。店員さん無言。何も言わない。何もしない。あれ?アパレルってこうだったっけ?

旦那はグレーの色合いが自分に似合わないなと感じて腑に落ちない様。私は似合ってると思うけどなぁ。とりあえず黒のも着てみようか?旦那を促す間も女性店員は感想らしきことを一切言わない。Why?

黒のスーツを試着した旦那。お。無難かな。旦那も同意見。でも、私はグレーのほうが好きだったな。ね?店員さん、どう思います?どっちが似合ってました?


「このグレーの色合いのスーツは珍しいから、1着持っていてもいいと思いますよ、なにせ80%OFFですからぁぁ。」


えっと・・・

いやいや、店員さん、私はね、どっちが似合うか聞いたんであって、そのグレーが珍しいかどうか聞きたいわけじゃないんですけど。


気にせず続けて、女性店員が言う。「2枚目が半額だから、2着ご購入されても、とってもお得ですよ~ぉぉぉぉ」


いやいやいや、まだそこまで至ってないし、どれも微妙に気に入ってないし、あと2着試着が残ってるし。でも、女性店員は2着買わせたいオーラ全開で同じセリフを繰り返す。

「2着目も〜」


すると、「あー、でも、どっちもイマイチやけ、やっぱりやめとこうかな。」と、旦那。

その瞬間、

「あー、そうですか。」

って、女性のワントーン落ちた声がっっ‼え?音量まで小さくなってる‼びっくりして彼女を見ても、目も合わさない。マジかΣ(゚д゚lll)

雰囲気も薄暗く顔も無表情。うわー。「ほかのサイズならたくさんあったのにねぇ」と間を繋ごうとした私が間違ってた。完全スルー。ぎぇー。

女性店員さんは、旦那が着替える間、旦那が試着したスーツをすべて元の位置に無言で並べている。私とアキの存在はスルー。

私はベルトと靴下の福袋だけ購入する旨を伝えて、会計を済ませると、さささーっとその場をあとにした。メガネ家3人、切なく帰途につく。


外に出ると、旦那が一言。

「あの店員さんから買いたくなくなったんよねぇ」


・・・ですよねぇ。


今も、80%OFF券だけが、虚しく私のポケットに。安いから買いたかったのになぁ。くっそー。

f:id:meganenomusuko:20160103193718j:plain