読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

専業主婦の子育て奮闘録

年少の息子アキとの毎日を書いています。時々旦那も。

【コレが私の旦那だったら】

今日、旦那とアキとうどん屋で夜ご飯を食べたときのこと。
私たちが席に付いてすぐに、生後数ヶ月と思われる赤ちゃんを連れた、若い夫婦が入ってきた。

旦那はうどん、奥さんはカツ丼を注文していた。

奥さんは赤ちゃんをあやしながら、旦那は携帯をいじりながら、出来上がりを待つ。


この時点で、ひとつ、間違いがあることに気が付いただろうか?

おい、旦那。
何で1人だけ携帯いじってんの?
奥さん、赤ちゃんが泣くたびに、一生懸命あやしてるぞ。
交代で抱っこして、あやしてあげないの?


そのうち、注文したものが運ばれてきた。


旦那は携帯片手にうどんをすすり、奥さんは赤ちゃんを抱っこしながら、赤ちゃんにごはんが落ちないように、そろりそろりと食べ始める。
赤ちゃんをあやすたびに、箸は止まり、なかなか思うように食べられない。


うどんだもんね、旦那さん。
そりゃ伸びちゃうから先に食べようね~


数分で食べ終わり、何も話さずにそのまま携帯をいじり続ける旦那。

ここでもうひとつ、間違いが。

違うよね?
旦那が奥さんのかわりに赤ちゃん抱っこしたらいいんじゃないかな。
奥さん、ゆっくり食べられるよね?
とりあえず、その携帯一回置こうか?


でも、奥さん何でなーんにも言わないの?
納得してるのか。
私だったら、ちょっと抱っこしてよって言ってるね。
ごはん落ちたら嫌だし、たまにはゆっくり食べたいし。
赤ちゃんいたら、奥さん普段からあんまりゆっくり食べれてないよ?知ってる?旦那さん。
奥さん、この状況に慣れちゃってるんだろうなぁ。


なんて、
家族で食事しながら、目の前の出来ごとに悪態を付きつつ(小心者は表立って何にも言えない)、コレが私の旦那だったら即リコンだな、と思いながら旦那に微笑みかけ、うどんをススっていました。