専業主婦の子育て奮闘録

年少の息子アキとの毎日を書いています。時々旦那も。

☆旦那とケンカしたときに怒りが消える瞬間☆

3歳の息子アキが寝た後、

旦那と些細なことで小競り合いになった。

アキは未だに夜中に何度か起きるので、小競り合いの最中でも、アキが起きた気配がしたら、もちろんケンカは一時中断。

 

たまたま、旦那が先にアキの様子を見に行って、私が後からかけつけたとき、

 

旦那は、

お前じゃねーよ的なアキの足蹴りを何度も受けていた。

 

私はすかさず旦那の横を素通りし、

アキに駆け寄って、

 

「(そうよねぇ〜、パパじゃなくて、ママよねぇ〜〜、パパじゃないよねぇ)アキ、ママよ、大丈夫よ。」

 

と、心の中でニタニタしながら、

アキを寝かし始める。

私がそばに行った瞬間、落ち着くアキ。

 

 

ぷぷ。

ワタシ、もう怒ってないよー。

☆専業主婦という選択☆

35歳まで、
息子を産む、その日まで働いていた私にとって、
働かないという選択は思ってもみないものだった。

今まで、旦那と何度も話し合って、
私は息子のそばにいることに決めた。
本当は、家計は火の車だし、
働いて、色々買いたいし、
旅行も行きたいし、
お金があれば、アキにもっとしてあげられることがあるんじゃないかと思う時もある。

今働かなかったら、アキが大きくなった時、私の年齢では雇ってもらえないかもしれないという不安もある。

 

 

アキは生まれた時から、
どちらかというと育てにくい子だった。
寝ない、大声で泣き続ける、おっぱいから離れない。
友達の家の赤ちゃんが、すやすや1時間以上寝てるのを見て、赤ちゃんて寝るんだ!とマジで思った。
アキはそれほどまでに、寝ない子だった。

別の赤ちゃんが、おとなしく抱っこ紐に抱かれているのを見て、びっくりした。アキは抱っこ紐もダメ、チャイルドシートもダメ、ベビーカーもダメ、何をしても大声で泣きまくっていた。

おっぱいから離すと泣き続ける。


今は3歳になって、コミュニケーションが取れてきて、
今なら、赤ちゃんの時になぜあんなに泣いてたか分かる気がする。
アキは、極度の怖がりだったのだ。
たぶん、全てが怖かったのだと思う。
一日中、おっぱいを口にくわえていないと、泣いていたのだから。

 

3歳の今、
お菓子を取られそうになるシーンが怖くて目を閉じる。
お母さんが、軽くこつんと子供の頭を叩くシーンで早送りする。
トイストーリー2は、ザークが出てきた瞬間、映画を消した。
え?ザークっておもちゃだよ?

何が怖いか分からない時でも、怖がっている。

幼稚園も、アキにとっては、
「頑張って」行っている場所。
入園して4ヶ月経った今でも、ママがいないから、寂しいと言う。
幼稚園に行っている間も仕事したらダメと言う。

だから、
我が家では、私はアキのそばにいようと決めた。
白髪ができるほど節約をしている。
でも、アキがそばにいることで、まっすぐに安心して育ってくれるならいいと。

それぞれの家で、それぞれの結論があっていいと思う。
働くことを決めた人、働かないことを決めた人、それぞれの考え方が否定されないと、ありがたい。
専業主婦でも、ビンボーを選んだ人もいるということ。

 

そりゃぁ、
いつかは、ピンチになって、バイトするかもしれないけどね。
今は、アキと過ごす時間を少しでも多く取りたいと思う。


ちなみに、寝ない子だったアキ、
3歳過ぎた頃から、少しづつ、寝るのが上手になってきて、
今では、夜は眠れるようになったよ。

他の子より寝るのはまだ下手くそだけどね。

私の睡眠不足も少しづつ解消してきたよ。

寝ない子を育てている、不安な人にとって、いつか、暗闇から出られるかもしれないと、小さな吉報になったらいいな。

 

 

☆旦那が可愛さを演じる悲劇☆

旦那は38歳。

いい歳である、

おっさんと呼ばれる年代でもある。

 

 

そんな旦那には、本人も気付いていない最悪なクセがある。

それは、私の放った言葉の意味が、旦那の頭では理解できないときに起こる。

分からない、理解できない、

と思った途端、

な、ぜ、か、

首を30度、横に傾ける。

 

Why⁉︎

 

若い女性が、計画的に可愛さを演出するときによく使う、あの首の動きだ。

若い女性ならまだ許せるものの、

38歳のおっさんが。

首を。

30度に傾けて、

 

「ん?」

 

と、上目遣いでこっちを見てくる。

 

 

このやろーっっっ。

 

1ミクロンも可愛くないんだよっっ。

 

38歳のいい大人が、

 

「ん?」じゃねーよ。

 

 

火に油を注ぐ、とは、まさにこのこと。

 

この、「ん?」顔を見た瞬間、

私の怒りは、気持ち悪さは、マックスに達する。

ここからの惨事は、想像を絶するので、割愛させていただきたい。

☆今日も、歌う☆

夏休み。

年少の息子は、今日も歌う。

毎日、全力で、自作の曲を歌ってくれる。

必死でメモしたので、

息子の天才的な歌詞をご覧あれ。

 

 


こころにさーれるのよぉ
そらなぁらぁ、これなあらあ
君にちゅやされー
ここはーされるー
おらかからぁにするべー
こころのー
こられるー
きみもーだー
こられるー
のがらみーそれたらーこれー
のあーだぁーそーらるぅ
だーぁからー
なおれぇられりー
かぁらーれーきれるー

 

てっててれーれーれ
てっててれーれーれー
てっててってれーれれれー
れれれー
てれれーてれれー
てれれーてーれれれれー
※以下、

ずっと「てれれ」が続くため省略

 

 

これ、

曲は、ほとんど、ミとソの音だけで延々と続く。

歌い終わったら、間髪入れずに褒めると、

必ず、ドヤ顔でこちらを見てくる。

 

そのドヤ顔に突っ込みたくなるのを、

必死でこらえる、38歳の夏。

☆3歳、未だ乳(ちち)離れせず☆

家族と、数少ない友人以外には、
極秘にしていることがある。

実は、我が家の3歳の息子アキは、
いまだに、寝る前と大泣きした時(家にいるときに限る)、には授乳が必要だ。
そう、
つまり、3歳の息子は、
…まだおっぱいを飲んでいる。

ここで暴露した時点で、
すでに極秘事項ではなくなったが、いや大丈夫。
私を知る身近な人にバレなければ、まだ極秘である。

なぜ極秘か?

世の中はまだ、長期授乳に寛容ではないからだ。
人種や宗教の違いではなく、
母乳で育てるか、ミルクで育てるか、
断乳するか、自然卒乳するか、
ただ、それだけの違いさえ、
お互いを認め合える時代は、まだ来ていないと私は思う。
妹は母乳じゃないだけで、心ないことを言われた。
母乳育児を頑張っているときに、ミルクにしたら?と言われると、心が折れそうになることを知っているだろうか。
断乳しないだけで、子供を甘やかしているかのように皮肉を言われることもある。
親を追い詰めても、子供にとってなんの意味も価値もないのに、無責任な言葉で親を、子供を追い詰める。
そういう社会があることを知っているから、私は言わなくていいことは言わない。
子供を愛して、育てているという事実はなかなか伝わらない。


話が逸れてしまった。

ところで、
…3年間飲まれ続けたおっぱいを見たことがあるか。

私は、ある。

もちろん、毎日見ている。

これが、
非常にまずい状態になっている。
本当に、まずいことになっているのだ。

あまりにも不安になってきた私は、
このことを知る数少ない友人に尋ねた。
彼女も母乳育児をした一人である。

「あのさー、授乳したらさ、おっぱいの形変わらない?」

私が聞くと、感のいい友人はすぐに答えた。


友人「あー、伸びたよね、先がさ。」
私「やっぱり⁉︎伸びたよね!(同類がいて嬉しい)それって、元に戻った?」
友人「戻ったよー。時間がかかるけど、元に戻るから、大丈夫だよー。」
私「ほんとう?よかったぁ。」

 

私は安堵の溜息をもらした。

 

…あれ?

次の瞬間、

ふと、不穏な影が脳裏をよぎる。

…あれ?この人、1年で断乳しなかったっけ…⁉︎

私「あの、アナタ、1年で断乳したとか言ってませんデシタッケ?」

友人「したよー。」

私「3年間飲まれても、治るの?おっぱい。」

友人「あ。」

 

 

 

 

「あ。」じゃねーよ。

 

 

…そして、私は、

いまだに途方に暮れている。

☆睡眠の不平等☆

この、連休中に子供が熱を出した。

夜中、きつくて何度も泣きながら起きる息子を、寝ずに看病しながら、

視界の端に映る、爆睡中の旦那の寝顔。

 

人を蹴りたくなる瞬間が、

確実に、ある。

 

☆我が家の子育てあるある☆

子供が昼寝したので、

カップ麺を食べようとお湯を入れたら、

 

「ママ〜」

 

と半泣きで呼ばれる。

 

 

 

寝かせつけながら、

私の頭の中は、

確実に伸びきってしまうであろう、カップ麺のことと、

なぜ、あのタイミングでお湯を入れたか⁉︎

という自問自答のみ。